オオイタドリ

青いお花はツユクサ。花弁の色素は移りやすく、指で揉むと青色がつきます。お次はアカソと言うピンクのお花。大江町はアオソが有名ですが、このアカソも繊維を束ねて糸にしたり衣服を作ったりと昔から利用されてきた植物です。


最後は白いお花を咲かせているオオイタドリ。切り傷の痛みをとる薬にしたのでイタドリと言う名前が付いたそうです。オオイタドリは、葉を煮出して草木染めに使ったり、笛を作ったりと色々と遊べます♪この辺りではあまり食べないですが、新芽は山菜としても食べる地域があります。


ライター:村中