アップルパイ作り

今週末のやまさぁーべ秋祭りでアップルパイを作る体験をするのですが、リンゴを提供してくれた左沢の農家さんと一緒に試作品を作ってみました。今回農家さんが持ってきてくれた品種は、シナノスイート、紅玉、秋陽の3種類。
シナノスイートはジューシーさと濃厚な甘味が、老若男女問わず人気。

紅玉は明治時代から作られている古い品種だそうで、ジャム作りには最適。

秋陽は2006年に市場デビューした山形オリジナルの新品種で、甘酸っぱく濃厚な味わいが人気。

これらを品種ごとにジャムにして、事前に作ったパイ生地の上に載せて焼いていきます。


焼くのはもちろん、やまさぁーべの薪ストーブ。じわじわと生地が膨らんでいるのを、のんびり見ながら焼きあがるのを待ちます。7分ほど経つといい感じに焼き目がついて完成です。やっぱり出来立てあつあつは格別ですね!!リンゴジャムは3種類とも違った味わいと触感で、とってもおいしかったです♪どんなお味なのか、是非体験しに来てください♪


ライター:村中