リバートレッキング下見

週末の下見で川に行ってきました!!やまさぁーべ名物の「リバートレッキング」の下見です。
今日は朝から気温がぐんぐんと上がり、事務所にいても汗がでるほど。気温は28度、水温は19度。最高の下見日和です(笑)

明日は雪きらり」に「ひだ

1年経つと川の状況も大きく変わるので、念入りに歩くルートと安全確認。シュノーケルをつけて潜っていると、あきらかに昨年に比べて魚が増えていました♪歩いていても魚が泳いでいるのがわかるほど♪

今日捕まえた魚を少しご紹介。1枚目はアブラハヤという魚で、触ると油を纏ったみたいにヌルヌルしている事が名前の由来。この辺りでは食べないそうですが、南蛮漬けやてんぷらなどにして食べる地域もあります。
お次は渓流の王者ともいわれるイワナ。冷たく澄んだ上流でしか育たないイワナは、エサが少ない所で生活しているので、気性が荒く縄張り争いも激しいことでも有名です。
最後はスナヤツメ。絶滅が心配されている希少種ですが、リバートレッキングをしているとお子さんが手で掴む事もできるぐらいたくさんいます♪子どものうちは藻などを食べますが、大人になると何も食べないんだそう。


ライター:村中