不耕起田んぼの田植え

明日は雪きらり」に「ひだ

国家公務員初任行政研修、ということで新人の国家公務員の皆さんが大江町で研修をされています。その一環として、やまさぁーべで実践しているエコツーリズムの取り組みを体験しながら学んで頂きました。まずは座学。

そして、今日のメインイベントは田植えです。昨年から始めた耕さない田んぼ「不耕起田んぼ」にさわのはなという品種の稲を植えました。田んぼに着いて、まず皆さんが注目していたのはオタマジャクシ。ヤマアカガエルという種類ですが、この田んぼを始めたおかげで帰ってきたエコツーリズムの成果の一つとしてご紹介しました。

そして田植え。耕していないから土が硬い!!炎天下での作業でしたが、みなさん頑張ってくれました。ちなみに、今年は耕していない田んぼでも機械で田植えができるか、という実験もやってみました。やれるものですね。予想以上に上手くいきました。これは今年の大きな前進でした。


夕食は山菜ピザ作りの体験。本当は山に山菜を採りに行くところから始めたかったのですが、時間がなかったので作業は下ごしらえから。ウド、赤こごみ、ハンゴンソウなど10数種類の山菜を使ってピザとパスタを作りました。地域の資源を利用して、さらにその活動を地域振興や自然環境の再生にもつなげるエコツーリズムの一例を全身で学ぶ一日となりました♪

ライター:佐々木