明日はいよいよ田植え

明日は雪きらり」に「ひだ

明日はいよいよ不耕起田んぼの田植え!!という事で、今日はその準備と最終チェックで田んぼと苗代に行ってきました!!こちらは明日植えるさわのはなです。さわのはなは、50年ほど前に尾花沢で作られた品種で、それからというもの山形では一般的に栽培されていました。しかし穂が高いので、台風などの影響を受けやすく、また現代の農法である機械化にはあまり適さないお米の為、現在はほとんど作られていません。ただ、美味しさはピカイチで幻のお米とも言われています。

やまさぁーべの入口付近にある、サラサドウダンが見頃になっていました。更紗模様の、灯台(昔の照明器具)に見立てたことからこの名前が付いています。小さくてかわいい花ですよね♪
可愛い花はグラウンドにも!!白い花はシロツメクサ。オランダからガラス製品を輸入する際に、詰め物(緩衝材)として使われていた事から「詰草」という和名がつきました♪


ライター:村中

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    山ノ神 (火曜日, 29 5月 2018 11:56)

    幻の米「さわのはな」。いいですねー。「澤の花」かな?。いかにも七軒らしい。
                  時代は風。百姓は大地。
    都会人に大受けしそうです。是非ふるさと納税の返礼に。
    頑張ってください。

  • #2

    スタッフ村中 (火曜日, 29 5月 2018 19:19)

    「さわのはな」はひらがなです♪
    収量が少ない品種ですが、おいしいお米だと知っている七軒地区の農家さんは、さわのはなが奨励品種から外れてからも、「自分の食べるお米はさわのはな」と自家用に作る方も多いです。

    今年は難しそうですが、近いうちにふるさと納税の返礼品にさわのはなを出したいと思っています!!
    おいしく作れるよう頑張ります!!