オタマジャクシを発見

今日は、雪まじりの雷雨で気温が低く、野菜の苗床が心配だったので朝一で確認。温度は19℃だったので急遽マルチをかける事に。20~30℃の温度で管理をしなければならず、日光が当たると急激に温度が上がるので、日に何度も確認する必要がありそうです。

悪天候がうそのように、夕方からは晴天に。気になっていたヤマアカガエルの卵の様子を見てきました♪一番最初に産んだ卵は孵化してオタマジャクシになっていました♪すぐ近くの別の池には、白い塊を発見。こちらはクロサンショウウオの卵嚢。絶滅が心配される希少な生きものです。


ライター:村中