NPOシャローム主催の保養キャンプ 初夏

冬にも来てくれたNPOシャローム主催の保養キャンプ。福島の子どもたちが宿泊と自然体験プログラムに参加してくれました♪

到着したらまずは自己紹介からです。大人も子供も合わせて自己紹介と好きな食べ物を発表し、その後は昼食です!!よっぽどみんなお腹がすいていたのでしょう。みんな口に頬張ります!!河北町の方が今朝採ったばかりのキュウリがおいしく、1人で7本食べる子も♪


その後は自然体験プログラム。今回はやまさぁーべの周辺を、3チームに分けローテーションすることに。
こちらは、やまさぁーべの裏山を探検する班です。小川にいる生き物を捕まえて観察したり、葉っぱで笛を鳴らしてみたり、山にある食べ物をかじってみたり、藪をすこし行ってみたりと、気分は探検隊!!


続いて昆虫班。昆虫班はグラウンドの昆虫採取や昆虫の観察などをメインに行いました。網や傘を使って昆虫採取する方法や、オトシブミやグラウンドの草むらに巣を作っているホオジロなども観察♪


続いて鳥班。巣箱の中のヤマガラのヒナを観察したり、薪トラスに巣を作っているキセキレイや、生後4日のシチメンチョウのヒナも観察しました。ただ、成鳥の写真を見せると、このかわいいヒヨコからは想像もつかないようで驚いていました(笑)


今日はナイトウォークもしました♪田んぼに行き、ドジョウや水生昆虫、カエル、ホタル、星空を観察し、やまさぁーべに戻ってからは、ライトトラップをして、内容が盛りだくさんの体験プログラムでした♪

ライター:村中