ライトトラップ

福島からのお客様が明日から来てくださるのですが、ナイトウォークの時にライトトラップをしようと思い今日は試しにやってみました。

こうやって見ると、空が明るくて日が長くなりましたね。これはやまさぁーべのグラウンドで19時半の時の写真です。一年で一番昼間が長い夏至まであと5日と迫ってきました。

夏至が近づいているというのに、夜になると寒くて、昆虫類もあまり飛んでいないだろうなと思いながらライトトラップを仕掛け、待つこと1時間・・・

1時間後・・・仕掛けた場所に戻ると、昆虫がたくさん来ていました♪大成功です!!少し目立つ昆虫をいくつかご紹介したいと思います。

まずは体に比べ翅が大きいのが特徴のヘビトンボから。ヘビトンボはまるでナウシカに出てきそうなフォルムをしていますね。ヘビトンボの幼虫は渓流に生息しているので、ヘビトンボを見つけると綺麗な川が近くにあるということになります♪甲虫はヨツボシモンシデムシといい、死体を食べることが多いので、森の掃除屋なんて呼ばれていたりします。


蛾の中でも綺麗な模様で人気の高いベニスズメガ。ピンク色をした綺麗なスズメガですね♪

あとは何と言ってもライトトラップの目玉、みんなが大好きクワガタ!!これはコクワガタといい、名前のごとく小さいクワガタという意味。しかしながら日本に生息するクワガタの中では中くらいの大きさ。大人になってもやっぱりクワガタが飛んでくるとうれしいもんですね。明日も来てくれるかな♪

ライター:村中