大江町の巨樹

今日も雪。前が見えにくくなるぐらい強く降る時間もありましたが、気温が高いのでやはりそれほどつもりはしません。

やまさぁーべ前を流れる月布川。左上に少し校舎が見えます。夏にはここでリバートレッキングをしました。

さて、その月布川をさらに上流に2kmほどさかのぼると、柳川温泉の手前にランドマークの木が立っています。熊野神社の大ケヤキです。大江町の景観重要樹木に指定されている木で、幹回り7.6m、高さ24mの堂々たる姿です。冬は葉が落ちて寒々しいですが、枝ぶりはよく観察できますね。樹齢は800~1000年とのこと。人々の歴史をずーっと見てきた木です。


ライター:佐々木

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    さわらび (土曜日, 11 3月 2017 12:18)

    実はこのケヤキ過去に伐採の危機に瀕したことがあります。最後は隣接する熊野神社のご神木である旨のお墨付きが認められ難を逃れることができました。毎年老体の枝に新緑を付けるケヤキを見ると身体の中から元気が沸いてきます。

  • #2

    館長 佐々木 (日曜日, 12 3月 2017 09:15)

    さわらび様
    コメントありがとうございます。
    そのお話、地域の方から私も聞いたことがあります。
    英断ですね。残すことができて良かったなぁと思います。