リバートレッキング

昨日から本郷東小学校5年生が「冒険学校」という学校行事として宿泊に来てくれていました。今日はやまさぁーべがお送りする自然体験プログラムです!

朝食はホットサンドイッチ。鉄板で焼いたトーストの上にトマトやハムなどの具材をはさんで食べる簡単メニューでした。

最初のプログラムは「生きもの教室」。やまさぁーべ周辺にすんでいる生きものをケースに入れてじっくり観察しました。

まずは、外に出てバッタ探し。一言にバッタと言っても、いろんな種類がいます。バッタはバッタ目(直翅目)というグループに属する生きもの。今日捕まえたバッタたちを大きく分けると、「バッタ」「キリギリス」「コオロギ」の3つのグループに分けられます。さて、では3つの違いは何だろう?というのを実物を見ながら考えました。

やまさぁーべでは、大江町内にすむ在来のカエル9種を飼育しています。これらについても体の特徴を観察しながら、ヒキガエル科、アマガエル科、アカガエル科、アオガエル科の4つにグループ分けしました。

テーマを持って生きものを見ると、じっくりと観察することが出来ますね。



午後は、今日のメインイベント、リバートレッキングに出発!昨日朝までの雨で川が増水していてなかなか難しいコンディションでしたが、なんとか水が引いてきたので実施することが出来ました。リバートレッキングは、川の中や川岸を歩いたり、時には泳いだりしながら移動し、途中で見つけた生きものを観察していくアクティビティです。

とにかく、まずは川に慣れよう、っということで流れに逆らって上流を目指します。深い所では、ライフジャケットで浮いてしまって足がつかないところもありました。最初はおっかなびっくり歩いていましたが、だんだん、慣れてくるとみんなの顔にも余裕が。カジカガエルや、カジカガエルのオタマジャクシを捕まえたり、ライフジャケットの浮力を使ってみんなで浮かんで流されてみたり。めいっぱい遊んだら、あっというまに2時間経過。まだまだ上流を目指したい!と言っていた子どもたちでしたが、無理やりやまさぁーべに戻ってくると、みんな顔が疲れてる…(笑)遊んでいる時は楽しすぎて疲れなんか感じないけど、水から上がったらドッときたようです。川の中を2時間も歩いたら、そりゃ疲れるよね。今日はゆっくり休んでください!そして、また遊びに来てください!