· 

やまさぁーべ周辺の今年の積雪は

大江町は山形県の中でも積雪の多いエリアです。

やまさぁーべが位置する柳川は、大江町の中でもかなり山奥の集落なので…それはそれはすごい雪(笑)

今週のブログは雪に関する近況報告です。


最初の写真は、やまさぁーべ…ではなく、私の自宅の写真です(笑)

この写真の撮影日は1/6なので、すこーし前ですね。

今はこの時より積もって1.2mぐらいかな。

 

雪が少ないエリアの方だと想像がしにくいと思うのですが、

テレビなどで「雪下ろし」の作業をしているのを見たことがありませんか?

雪、なんで自然に滑り落ちないんだろう?とか思ったことありませんか?

 

雪国の屋根には、「雪止め」とか「なで止め」と呼ばれる金具がついていて、雪が引っかかるようになってるのです。

だから、自然には落ちないので、建物が重さで傷まないように雪下ろしをします。

なぜ、落ちないようにしているか、というと、

シンプルに「危ない」から。

暖かい日には雪止めをしていないところの雪が落ちるのですが、

その勢いはすさまじく、直撃を受ければ大事故になります。

これ、移住前は私も知りませんでした。

 

ちなみに、写真の我が家は、雪止めはほとんどついていないので自然に落ちます。

本当に危ないので、屋根から離れた場所に道をつけています。


で、やまさぁーべはどうなっているかというと、

建物の高さが高いので雪下ろしは危険。

ということで、やはり雪止めはついていません。

なので、積もると…大量に落ちます。

写真がその様子。

分かりにくいのですが、高いところだと3mを超える雪の山になっています。


こんな時に限って、なのですがやまさぁーべの除雪機が不調…。

で、修理中に大量の雪が落ちて…

このままいくと雪で窓ガラスが割れてしまいます。

頼りになるのは地元の方です。

HELP!!

と言ったら、大きな除雪機を持ってきて朝から夕方まで丸一日かけて作業してくれました。

本当にありがたい。


昨シーズンは異常に雪が少ない年で、スキー場なども悲鳴を上げていました。

今年は雪遊びをするには最高のコンディション!

だと言うのに、例のウィルスのおかげで、遊んでくれるお客様は…多くないですね。

というか、この冬は正直、閑古鳥です…。

 

でも前を向くしかない!

先日は感染対策についてオンラインの研修会で勉強し直し。

対策を強化して、お客様をお迎えできるよう準備していきます。

また、いつかこの危機を脱したときに、日本中、世界中からお客様を呼べるように、準備を始めています。

アイデアだけはいっぱいあるので♪

ライター:佐々木