雪解け後の山菜

昨日から今日の昼まで雪は降り続きました。5㎝ほど積もり一気に雪景色に。いつもならこの時期になると土が恋しくなり、はやく暖かくなって雪が溶けないかな~?と思うのですが、今年は雪をあまり見ていないので、大阪出身の私は少し積もるだけでも心が躍ってしまいます(笑)

一方、昼過ぎには暖かくなり、だんだんと雪が溶けはじめました。日当たりが良い斜面をよく観察してみると、山菜が少しずつ出ていました。こちらはヤブカンゾウといい、藪に多く生えるカンゾウという事からこの名前がついたと言われています。おいしい山菜なのですが、食べ過ぎるとお腹がゆるくなることも。夏になるとオレンジ色の綺麗なお花が咲きます。

お次はアサツキ。アサツキはネギに似た円柱形の細い葉で、地中にはらっきょの形をした鱗茎があります。20~30株ほど集まって小さな群れができるので、見つけるのも簡単です♪アクはほとんどないので生で食べる事もできます。

 

雪が降って嬉しいと冒頭で書きましたが、食べる事も好きな私は山菜も楽しみなんですよね~(笑)

七軒に住み始めてもうすぐで3年が経ちます。自然と共に生きる事で季節を感じられ、楽しみや、心が躍る事が多くなり、人生が豊かになっているのを実感します。

ライター:村中