鳥の巣?

職員室の窓からは川向かい野の山が見えます。この時期、スギ以外は葉を落としているわけでですが、そうなると夏には見えなかったものに気づくことがあります。

こんな感じのまどですが、遥か彼方の尾根の上に生えた木に黒い点のようなものが見えます。鳥の巣のようにも見えますが、普通のデジカメで撮影するとこれが限界。


そこでこの望遠鏡の出番です。望遠鏡の接眼レンズ(覗き穴)にコンパクトデジカメのレンズを押し付けると、遠くのものも撮影することができます。デジスコといって、専用の接続キットのようなものも売っていたりします。

で、撮影したのがこの写真です。接続キットはないので手持ちですが結構はっきり写っていますね。この場所にだけ枯れ葉がいっぱいあるようですが、鳥の巣にしては不格好ですね。これは熊棚です。秋にクマがここまで登って枝を折ってどんぐりなどを食べ、その枝が引っかかったままになっている状態です。自然な落葉の前に枝を折られると、木の葉は落ちずにしばらく残ります。それでこんな風になったわけですね。


ライター:佐々木