田んぼの準備スタート

今年も田んぼの準備がスタートしました。え?もう?

やまさぁーべ周辺はここ数日、ググっと気温が下がって昨日、一昨日は雪が降りました。まぁ、まだ積もるような雪ではないですけどね。

稲刈りを終えた田んぼ。先日のやまさぁーべ秋祭りでの展示用に生き物を探した池や水路。

水路の中にはヘイケボタルの幼虫がいっぱいいました。生き物に配慮した田んぼをやっている効果を実感しているところです。


そんな田んぼの準備(来シーズンの)はこの時期から始まります。今年は冬が来る前に肥料をまいて耕してから冬水田んぼにすることにしました。化学肥料を使わずに有機肥料を使っているのですが、これは分解されて植物が利用できる形になるには少し時間がかかります。“すぐには効かない”のが有機肥料の宿命(逆に化学肥料ってすごいなぁとも思います)で、収量に調節影響します。そこで分解する時間を見越して田植え半年前に…という理屈です。少な目の肥料なので春に追加は必要ですけどね。さて、吉と出るか凶と出るか。


ライター:佐々木