山のアジサイ

明日からたくさんのお客様がみえる予定なので、下見で山に行ってきました。梅雨の花といえばアジサイですよね。今日は山のアジサイをご紹介。

こちらがこのあたりの山に自生しているアジサイです。エゾアジサイといいます。今が一番のピークのようで、たくさんの花が見られました。

自然の中で、一番目立つ色は何色だと思いますか?実は青なんです。青は、自然の中で一番少ない色なので、山の中ではパッと目につきます。ちなみにエゾアジサイは日本海側の豪雪地帯に特有の植物です。

こちらはツル性のアジサイでイワガラミといいます。このイワガラミも、エゾアジサイも、この花の塊は小さなたくさんの花の集まりです。そして、その集まりの一番外側の花だけ、花びら(アジサイの場合はガク)が大きな花になり、全体として一輪の大きな花に見せています。有名なところではヒマワリなんかだとわかりやすいですが、キクの仲間もそういう花をつけますね。

ちなみに我が「大江町の花」はアジサイです。きっとモチーフは園芸種の方のアジサイだとおもいますが…。個人の好みとしては、道路沿いに植えられた派手なアジサイよりも、山の中にひっそり咲く野生のアジサイの方がいいですね。なんだか健気さを感じてしまいます。

ライター:佐々木