こごみと赤こごみ

来週から山菜摘みの体験プログラムをご希望のお客様が来られます。今日は下見でちょっとだけ山歩き。雪が消えている登山道わきには結構いろんな山菜が出ていました。代表的なものを2つご紹介。

山菜の定番中の定番。こごみです。青こごみ、と呼ばれる場合もありますが、それは後述する山菜と区別するため。こごみの正式な名前(標準和名)はクサソテツ。シダ植物の新芽の部分を指してこの山菜名を使います。アクが少なくて、お浸し、炒め物、揚げ物…なんでも合う万能選手です。まだ出始めですね。芽を出すと一気に成長してしまうので収穫のタイミングが合わないこともしばしば。

そしてこちらが赤こごみです。これをただ「こごみ」と呼ぶことはあまりないですね。青こごみに比べると細長い形をしていて、株立ちせずにバラバラと生えていることが多いです。標準和名はイッポンワラビ。これもアクが少なくて食べやすい山菜です。

やまさぁーべでは、これらの山菜を使ってピザやパスタを作ります♪

ライター:佐々木