カヤの実

今日も朝から雲一つない青空が広がりました♪♪写真は大江町から見た月山です(^^)もの凄く綺麗だったのでパシャリ! 天気予報では明日から天気が悪くなるという予報をしていたので冬の貴重な晴れ間となりそうですね。基本、館内で事務作業をしていたりすることが多いスタッフ庄司なので、ブログ担当の日になるとネタを探しにあちこち飛び回ります。今日は、こんなものを見つけてきました!

大江町小釿地区には山形県指定の天然記念物、神代カヤがあります。カヤの木としては東北一と言われており樹齢は約1500年。根回り9m、樹高19mもあります。近くの「みろく堂」の前にあった大すぎと、このカヤの精霊が相連れて伊勢参宮をしたという伝説があり「枯木といえども刃物をいれるな」と伝えられているこの神代カヤの「実」が売っていました。どんなのだろうと購入してみました。パっと見た感じはアーモンドみたいな実です。フライパンなどで軽く炙って食べてください。と説明書きがあったので食べてみました(^^♪全く渋みなどの癖はなく食べやすい木の実です!!例えるなら…マカダミアナッツのような感じでした。カヤだけが持つシアドン酸という成分は中性脂肪及び、肝臓の中性脂肪値を低減させることなどが出来るそうで、凄く興味を持ってしまった木の実になりました。これからもっと詳しく調べてみようと思います('◇')ゞ


ライター:庄司