草木染め体験

今日は大学生のお二人が体験プログラムに参加してくれました。本当は雑木林トレッキングをご希望でしたが雨天につき草木染め体験に変更。

まずは染色液の材料となる植物(今回はスギの葉っぱ)をハサミで細かく刻み、さらにフードプロセッサーで粉々にします。これを鍋に入れて煮込むと染色液の完成です。文字に表すと簡単そうですが、大量の葉っぱを刻んだり、煙に涙しながら煮込む(しかも葉っぱは途中で取り変える)作業は結構な重労働です。


染める布には豆乳を使って染まりやすくする処理をしたあと“しぼり”と呼ばれる模様つけの行程をします。ゴムや紐で縛って染色液が浸みこまないようにすると、そこだけ白く模様になるわけです。苦労して作った染色液に布を投入。引き上げてみるといい感じに染まっています。他にも媒染、2度染め、アルカリ処理…色んな工程をこなしていきます。


しぼりをはずして水洗い。脱水してみると…真っ白だったトレーナーにいい感じで色が入りました!やったね♪ 大学でもワークショップをしてみたいと言ってくれました。ぜひぜひ!!自然のめぐみをみんなで感じてみてください。ご利用ありがとうございました。


ライター:佐々木