にじいろ保育園のみなさん

今日は町内のにじいろ保育園の年中さんがやまさぁーべに来てくれました♪年中さんは初めてやまさーべに来ますが、7月と9月に年長さんが来てくれています。7月泥んこ遊び(年長)、9月バッタと遊ぼう(年長)

今回親しくなってもらうのは、ヘビとカエルです。まずは、どんなものを食べるの?なぜカエルは鳴くの?といった簡単な生態クイズをしてから、事前に採取した七軒地区に住んでいる9種のカエルをじっくり観察します。


その後、体育館に移動して、ヒキガエルのエサの食べる様子を観察したり、カエルのカードを使って展示しているカエルの名前を当てるゲームなども行いました。


最後はヘビとカエルを触ってみよう!!やまさぁーべに来た時に、ヘビどころかカエルを触れないと言っていた子が大勢いたのですが、よーく観察し深く知る事によって興味が湧き、最後にはほとんどの子が触ってくれました♪


ライター:村中

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    匿名 (金曜日, 19 10月 2018 12:09)

    へびだけはやめて!!!

  • #2

    館長佐々木 (金曜日, 19 10月 2018 12:54)

    匿名さま
    コメントありがとうございます!
    ヘビ、苦手な方が多いですよね。このブログの中でも以前にご指摘いただいたことがあります。ご意見を受けて、管理者の役員のなかでも議論してきましたが、今後も使って行こう、という結論になっています。どうしても苦手な方には見えないように飼育したり、配慮はしていますので、どうかご理解ください。

    ヘビは、自然の中では大切な役割を持っている生き物です。その面白さをお客様にも感じて頂けるよう、特に子供たち向けのプログラムの中では積極的に使っています。

    ヘビは必ず盛り上がる「テッパン」の素材です。最初、子供たちに聞くと「ヘビが苦手」と答える子がほとんどです。今回もそうでした。でも、最後には8~9割の子供たちが触れるようになって帰ります。ヘビを使ったプログラムのアンケートでは、他にも色んな生き物を見ているはずなのに、ほとんどの子がヘビの感想を書いてくれます。ものすごく印象に残るようです。

    ちょっと怖いけど、でも以外に平気だったとか、面白かった、とかそういう新しい発見をこれからも大切にしていきたいと思います。