森のくまさんの食事のあと

明日は雪きらり」に「ひだ

お客様をご案内する下見でいつもの山へ。去年も見つかりましたが、今年も同じ木に動物の痕跡を発見。

写真だとちょっと分かりにくいですが、木の枝が何本も折れて引っかかっています。

根元を見ると、実が落ちています。ミズキの木です。この実がツキノワグマの大好物なんです。クマは、木に登ると細い枝を折って手繰り寄せ、実を食べてお尻の下に敷きます。それを繰り返すと木の上の方に鳥の巣のような枝が積み上がった場所ができて、クマ棚と呼ばれます。

木の幹も見てみると真新しい爪痕がいくつも見つかりました。なんか獣臭い匂いもするし…でも大概はクマが食事をするのは夕方遅くか早朝なので油断していたら…。出会っちゃいました。走り去っていく後ろ姿でしたが至近距離。前に出会った時とおんなじ感じです。お客様をご案内している時は、大人数で、しかも大きな声でガイドしながら歩いているのでまず出会いません。だから、これもいい観察のネタです。でも…1人で静かに山を歩いていると時々こんな出会いがあるので注意が必要ですね。


その後は、久しぶりにクマスプレーの安全装置をはずして手に持って歩きました。しばらく行くと樹液にノコギリクワガタを発見。夜に来たらもっといそうだけど…やめておこう(笑)


ライター:佐々木