センサーカメラ

先日、やまさぁーべの巣箱を確認した際に、ヒメネズミが使ったであろう形跡がある巣箱があったのでそこにセンサーカメラを付ける作業をしました。

使っていない稲杭を雪の上にさし、センサーカメラをセット。もしヒメネズミがまだこの巣箱を使ってくれていれば映像に映るはず。ワクワクしながら作業をしました♪


絶対に撮りたいので、入念にカメラの角度や映る範囲をチェック。

巣箱の近くにタヌキであろう足跡と糞がありました。どうやら柿を食べたよう。今の時期まだ枝についている柿って渋さが消え、甘くなっていて人が食べても美味しんですよね。タヌキの足跡を辿ってグラウンドにいくと2つの足跡が一緒になっている面白い足跡がありました。おそらく一度歩いた所を帰りに歩いたんだと思います。新雪の上を歩くより、一度歩いている所を歩いた方が楽なのを知っているんですね♪


ライター:村中