冬のこごみ畑

個人的に新しいスノーシューを買ったので嬉しくて裏山へ…いやいや、体験の下見で山登りをしてみました(笑)

夕方に登ったので早く上へ!!あまり写真を撮る余裕もなく…。違った雰囲気の林の写真を2枚。密に木が立っているのがスギの人工林です。ほとんどのスギ林は手入れがあまりされていなくてうっそうとしているのですが、たまに管理がされている場所があると日が入るのでコシアブラの細い木がチラホラ見られました。そして、もう1枚の写真は林を奥に進んでいったところの疎林。もともとは田んぼか畑だった場所のようです。クルミの木がたくさん生えています。今は誰も交錯している場所ではないのですが、春先は一面にこごみが生えるこごみ畑になっています。春が待ち遠しい。あと…3か月半かな…。


クルミの冬芽。正確にはオニグルミです。特徴的な形をしているので、よく紹介されます。

クルミはパイオニア植物といって、荒れ地に最初に育つ木の一種です。この場所も、畑が放置されて何十年経ったのか分かりませんが、段々と自然の森に戻ろうとしている初期段階のようです。

ライター:佐々木