講師の先生が来てくださいました

大江町の観光を考えるにあたり、三重県から講師の先生をお呼びしました♪

一昨日から三重県の鳥羽でエコツアーを行っている海島遊民クラブ(かいとうゆうみんくらぶ)の代表、江崎貴久さんを大江町にお招きして観光についてのアドバイスを頂きました♪貴久さんはガイドのお仕事だけではなく、老舗旅館である海月(かいげつ)の女将さんでもあります。

アドバイスを頂くにあたり、まずは大江町を知ってもらおうと、大江町の観光名所や、観光資源となりうる場所などをご案内。左沢では最上舟運で栄えたという歴史や、国の重要文化的景観に選定されているという話などをメインに商店街や日本一公園などを周りました。


続いて本郷地区。本郷地区は農業が盛んな地域でスモモやリンゴ、ラ・フランス、ブドウ、サクランボといった果樹が主力です。今回はスモモ農園やキノコ栽培所などに行きました。その後、歴史民俗資料館に行き青苧についてお話をした後に、青苧復活夢見隊の青苧御前を頂きました。


最後は自然豊かな山里の七軒。昔は林業で栄え、現在は観光産業の取り組みが行われています。かんじきトレッキング体験した後に、柳川温泉を見学して頂きました。


そしてメインの講演会。地域の方が輝き、潤い、幸せに成る仕組み作りについて講演して頂きました。

大江町の地域の宝(技術、知恵、自然、文化、歴史etc・・・)を100年先200年先まで残す為には、いろいろな課題が山積みだと感じた一方で、たくさんの可能性が見えてきた講演会となりました。大江町、七軒地区だからこそできるオリジナルの観光を、地域全体で作り上げていきたいと強く感じた3日間でした。

ライター:村中