冬水田んぼが冬水でなくなった

今日は青空!!日本海側で冬にこれだけ青空が広がる日は滅多にないので貴重な一日でした。

あんまり気持ちいいので、かんじきを履いて週末の体験の下見を兼ねて冬水田んぼの様子を見に行ってきました。

すると…水がない(笑)水が凍ってその上に雪が積もったのかなぁと掘ってみましたが、田んぼの地面まで掘ってもほとんど水が出てきません。水の流入口からは、これまで通り少しずつ水が入りつづけています。でも排水口からは1滴たりとも水が出ていない。

どうやら、新雪がスポンジのように水を全部吸ってしまったようです。これは想定外。10cmぐらいは水深があったので積もっても上を歩くとバリンと割れて水にドボンを予想していたのですが全く問題なく歩けちゃいました。


単純に水が足りないようです。再び上流の水路に行って水量調節。水量が増えて、雪が水を吸いきれなくなったら少し下にたまってくる…と思うのですが…。なんでもやってみないと分からない。日々実験ですね。


ライター:佐々木