ふくしま30年プロジェクト 2日目

今日は今季初のリバートレッキングの予定だったのですが、昨日急に雨が降り始め、今朝になっても増水したままだったので、大頭森山トレッキングに変更しました。降水確率0%だったのにな…山の天気は変わりますね。

まずは、大頭森山の駐車場で、怪我をしないようにストレッチをして、双眼鏡の使い方をレクチャー。
双眼鏡を持つだけで気分は探検隊!!

網でチョウチョなどの昆虫を捕まえたり、バードウォッチングなども行いました♪
日本三鳴鳥であるコマドリやエゾハルゼミなどの鳴き声を聞きながらのトレッキングは気分がいいですね♪
写真のチョウチョは、ウスバシロチョウ。翅が半透明なのが綺麗です♪


途中キハダの木があったので、木を削り少しかじってみることに。昔は胃薬なんかにも使われていたのですが、若干の甘みと、強い苦みがあり、かじってみるとこの表情。
キハダの幹はコルクのような弾力があり、内皮は黄色の染料に使われています。


豪雪地帯ならではの、雪で潰され曲がってしまった木にぶら下がったり、草笛遊びをしたりとアクティビティーも組み入れながら頂上を目指しました♪


今回は曇っていて最高の景色とは言えないですが、登り切った達成感で喜んで貰えました♪普段だと、朝日連峰や、蔵王連峰がはっきりと見えます。


その後下山し、やまさぁーべを出発!!
みんなが頑張って草取りした田んぼは、稲刈りまで責任を持って育てます!!
稲刈りで会えることを楽しみにしています♪

ライター:村中