キセキレイ

やまさぁーべの体育館下、薪を三角形の形に積んで乾燥させています。「薪トラス」と呼んでオブジェとしても使っているものですが、ここに新たな住人が。

作成した地域の方曰く、真ん中が大朝日岳、左が小朝日岳、右が古寺山をイメージしているのだそう。その大朝日岳の6合目あたり、ちょうど真ん中に野鳥が巣を作っていました。中にはウズラの卵程の大きさの卵が5つ。


親鳥が帰ってきたところと、温めている様子の写真です。キセキレイという川沿いに多い野鳥です。大江町では一年中見る事のできる鳥ですが、真冬は雪の少ない低地の方に移動していきます。繁殖の為に最近、やまさぁーべに戻ってきたというわけです。観察の楽しみが一つ増えました♪


ライター:佐々木