GW特別企画の最終下見

ゴールデンウィーク特別企画の最終下見をしに向山に行ってきました。

何度も下見を重ねてきましたが、ここ数日気温が高かったので、行くたびに山の景色が移り変わって楽しいですよ~

 

まずはシュンラン(春蘭)。春一番に咲くランで、香りがとてもよく、蘭茶にして香りを楽しむ人もいるそうです。

1週間前はこの辺りに、結構残雪があったのにもう雪はなく、その代わりに新緑のブナ林の足元にカタクリが一面に咲いていました。
この咲いている場所は、登山道なのですが、足の踏み場がないぐらい咲いており、踏まないようにするのがやっとなほど。

山頂のあずまや。新緑のブナが日光で照らされ、木の枠のおかげで1枚の絵みたいな風景。

ここで座って、コーヒーでも飲みながらゆったりと出来れば最高です。

タムシバもバッチリ!!
また、枝や葉を噛むと甘いので、サトウシバや、カムシバがタムシバに転訛したという説もあります。
香りがすごくよくコブシに似ていることから、ニオイコブシなんて言ったりします。

綺麗な薄紫色をしたツツジを発見。急斜面に生えていたのですが、あまりに綺麗だったので頑張っちゃいました。ツツジは同定が少し難しいので断言できるほどの自信はないのですが、ムラサキヤシオツツジと思われます。


この花を見た途端、館長が大興奮!!
ヒメギフチョウの幼虫が食べるウスバサイシンという花です。
向山はヒメギフチョウがいるので、ウスバサイシンが絶対あるはず!!と探し続けること約1年…
やっと見つけることができました!!!!


ライター:村中