西山杉

やまさぁーべは木造の建物で、多くのスギ材が使われています。それに合わせてテーブルや椅子もスギ材で作ったものを使っているのですが、新しく追加して購入しました。

山形県では、最上川を境にして奥羽山系が東山、出羽丘陵山系が西山と呼ばれています。

 

大江町は後者にあたりますが、大江町と、隣接する西川町、朝日町の山間部から産出されるスギは西山杉と呼ばれ、ブランド杉として知られます。西山杉は、光沢がある、赤みの強い尾木目が美しい、堅くかんながけしやすい、などが特徴です。


ズラッと並ぶと壮観です。奥は2年前に導入した古いテーブルですが、大分色が変わってきてますね。使い込まれた感じがします。無垢材のテーブルは使いご心地はいいのですが、傷がつきやすかったり汚れやすかったり、お手入れは欠かせません。

ライター:佐々木