ふくしま30年プロジェクトの田んぼでとれたお米たち

5月からスタートした「ふくしま30年プロジェクトの田んぼ」。今日、NPOふくしま30年プロジェクトの職員の方にお米をお渡ししました。

福島から軽トラで取りに来てくれました。60kg分はいろいろお世話になった皆さんや、田植え・稲刈りを手伝ってもらった大江町の小学生たちのためにとってあるので、NPOの皆さんにお渡ししたのは30kgの米袋×10袋で合計300kgです。この重さが感慨深い。


記念写真を1枚。キレイな玄米です。ほとんど農薬を使わずに育てたもち米なので、この玄米のままお餅にしようかと相談しました。


なんだか、娘を嫁にやった気分です(笑)

お米たちはお餅やおこわになってイベントで売られ、来年の田んぼの活動費になる予定です。