秋の花&橋本さん御一行

昨日から合宿に来ていた滝山ミニバスケットボールスポーツ少年団。早朝ラジオ体操~体育館で練習~BBQで〆!来年も来たいと言ってもらえてとっても嬉しかったスタッフでした。

さて、今日は週末のトレッキングの下見で見つけたお花をずらっと羅列してみます。

柳川の紅葉の名所、神通峡。その少し東側に、かつて向山森林公園という町の公園がありました。今は、元の地主さんの山に戻っていますが、その当時の園路やあずまやなどは今も残っていて、地主さんのご厚意で時々お客さんと歩かせてもらっています。

山頂付近はブナ林で、カラッとした気持ちのいい風が吹いていました。あずまやの窓が、何か絵みたい。


では、一気にお花をご紹介。

まずはオトコエシとモミジガサの花。オミナエシという黄色い花は秋の七草のひとつとして知られていますが、オミナエシ=女性で、それに対してオトコエシ=男性なのだそうです。

モミジガサの方は、春先には山菜「しどけ」として親しまれている植物です。


ホトトギスとノブキです。

ホトトギスの方は、ユリの仲間ですがちょっと変わった形をしているので他の植物とは見間違えないですね。ただ、ホトトギスの仲間で色々細かく分かれているのが厄介。これは、多分、ただのホトトギス。

ノブキの方は、うんちくがありません。フキに葉っぱが似ているからこの名になったそうです。まんまだ。


オクモミジハグマとハンゴンソウ、だと思って写真を撮って帰ってきたら、黄色い方はハンゴンソウではなくキオンという別の植物のようでした。どちらも、山の晩夏~秋に花をつける植物です。

やまさぁーべのグラウンドのススキも穂を開いたし、気温は高いけど確実に生きものは秋です。


今夜は橋本さん御一行が泊まりに来てくれました!お申込みの時、橋本さんから「朝日町(←大江の隣町です)の知り合いに魅力的な宿泊施設があって…」と紹介してもらったとのこと。おお。いい人が朝日町にいるんだなぁ、と思っていたらメンバーの中に元朝日町地域おこし協力隊の佐藤さんがいました。朝日町のゆるキャラ桃色ウサヒの「中の人」として有名な方です。ソトコトに特集記事があったのでリンク貼っておきます→コチラ

なるほど、恒平さんの紹介か!ありがとう!ゆっくり楽しんでってください♪


朝日町の名物、ダチョウの卵のケーキを頂きました。(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!!