水生昆虫

先日に引き続き、週末の体験プログラムの下見で再び夜の田んぼへ。ホタルの数は前回よりもさらに増えている印象。特にヘイケボタルの数が多いですね。ホタルだけでなく、他にも水生昆虫を見つけました。

まず見つけたのはオオコオイムシ。オスが背中に卵を背負う生態をもっていることから、このようなネーミングに。水の中にくらすカメムシの仲間で、オタマジャクシや他の水生昆虫などを襲って、細い口で体液を吸います。

ちょっと嬉しかったのがこの昆虫との出会い。クロゲンゴロウという中型のゲンゴロウです。ゲンゴロウの仲間には絶滅が心配される希少種が多く、この種類も、山形県レッドリスト、全国版レッドリストでそれぞれ準絶滅危惧に選定されています。いつまでも生き続けてほしいですね。