学校史の研究資料

やまさぁーべの前身は七軒西小学校という小学校で、その創立は120年以上前になります。

以前から、その歴史を研究するために、施設に残されていた写真を調査されていたお客様がいらっしゃったのですが、今日、その研究をまとめた資料を寄贈していただきました。

全6冊に渡る写真の資料。明治時代から昭和に至るまでの学校の様子が写真でまとめられています。


びっくりしたのは、たくさんある集合写真から、一人一人の顔を切り出して整理されているのです。数えていないですが、数百人…もしかしたら、千人は超えているかも。もちろん、中には私の知っている人も何人もいました。

すごい作業量だったでしょうね…。お客様にこの学校の歴史をはお話しするとき「ピークには350人の子供が通っていたんですよ」なんて紹介するのですが、正直、現在の様子からは想像できない話です。でも、これが証拠ですよね。ここに、確かに、人がいた、大勢の子供たちの声が毎日響いていた、その歴史の記録です。こんな貴重なものを頂いてしまい、うれしいと同時にちゃんと活かしていかなければいけないなぁと責任を重く感じました。

卒業生の同窓会が開かれることも時々あるので、皆さんに見ていただこうと思います。

また、この場を借りて、改めて深く御礼申し上げます。


ライター:佐々木