ブッシュクラフト ふくしま30年プロジェクト

ふくしま30年プロジェクトの皆さんが遊びに来てくれました。毎年、何度も来てくれる超常連さんです。今回は稲刈りがメインの目的でしたが、天気予報で雨マークだったので、急遽2日めの体験プログラムと内容入れ替え。ブッシュクラフトをやりました。

ブッシュクラフトは最低限の道具でアウトドアを楽しむサバイバル体験です。やまさぁーべでは、これに災害時を想定したちょっと変わった食事を作る、という内容を組み込んでいます。まずは、シェルターを作るためのロープワークの練習。

覚えたロープワークを駆使してブルーシートのシェルター作り。雨と風を最低限、よけるための簡易テントです。いつもは焚き木を山で拾って火起こしをするのですが、前夜にかなり雨が降っていたので今回は薪割で燃料を確保しました。


そして食事は…というと、災害で水道が出なくなったけど、冷蔵庫に色んな飲み物が残っていた、というストーリーの元、米を研がずに野菜ジュース、牛乳、ペットボトルの緑茶、ほうじ茶でご飯を炊きました。ちょっと味付けして、缶詰の具を入れるという、災害にしては贅沢すぎるメニュー(笑)

お味の方は…絶品でした!お茶2種は混ぜご飯、野菜ジュースはトマトリゾット、牛乳はチキンドリアに仕上がりました。楽しく遊びながら、暮らしにも役立つ色んな技術を学んでもらました。


ライター:佐々木