ピンクのお花

道端に生えていたピンクのお花。こちらはナツズイセンといい、人里近くの草地や土手などに生えることが多い花です。葉がスイセンに似ており、夏に開花するのが名前の由来。葉は花が咲く前に枯れてしまうので、花と葉を一緒に見ることは出来ないんです。


こちらの薄いピンクの花はクサギ。花からはジャスミンのような香りがするので近くを通ると癒されます。花はとってもいい香りなんですが、葉っぱはちょっとくせのある匂いがするのでクサギという名前がつきました。(漢字では臭木と書きます)

葉っぱはカメムシのような悪臭だと感じる人もいればピーナッツバターの香りと感じる人も。私は小さい頃によく食べた駄菓子の香りがするので、嗅ぐとなんだか懐かしい感じがします。ちなみにクサギの葉の香りは男性は苦手で女性は平気という傾向があるそうです。是非機会があれば匂いを嗅いでみてください♪


ライター:村中