夜の田んぼは生き物いっぱい

今日からご宿泊のお客様をナイトウォークにご案内しました。今年の夏はナイトウォークのご依頼がたくさんあってうれしいです♪でもナイトウォークってなかなか写真が撮れないんですよね。フラッシュが眩しいから…暗闇に塗りつぶされた部分は想像してみてください。

今日は定番のコースでムササビ観察から、夜の田んぼで生き物観察。そしてライトトラップの流れです。意気揚々とムササビ観察からスタートしましたが、まれにあるムササビ不在の日に当たってしまいました。申し訳ない…。野生動物観察の難しいところです。

田んぼに移動してからは…ラッキーもありました。もうシーズンが終わったと思っていたヘイケボタルが2~3匹飛んでくれました!写真は、捕まえたホタルをケースに入れて観察しているところ。短い時間ですが、ライトを当ててみると意外と小さいことに驚きます。

他にエゾツユムシやハヤシノウマオイといったキリギリスの仲間や、鳴く虫の女王といわれるカンタンなどを探したり、池の中を泳ぐミズカマキリやアカハライモリを発見。他にもツチガエルやトノサマガエルを捕まえて観察したり…と色んな生き物に出会うことができました。

締めのライトトラップ。今日は満月だったのでライトトラップは絶望的なコンディション(月が出ている日は虫がライトに集まりにくい)だったのですが、雲がかかってくれたおかげでカブトムシのメスが飛んできました。他にも大きなノコギリカミキリや、トンボに似ているけど全然違う仲間のツノトンボという昆虫だったりとか、結構色々集まってくれました。

ライター:佐々木