雨の日の虫探し

雨が降る前にブログの写真撮りに行かねば!この時期のいつものプレッシャーです。とりあえずぐるっとグラウンドを一周回るとイタドリの上に細長い昆虫発見。エダナナフシの幼虫です。木の枝に擬態して身を守ることで知られる昆虫ですが、こんな葉っぱの上で枝のふりをしてもバレバレです(笑)

そうこうするうちにやっぱり雨が降ってきました。ここのところ、ずーっとこんな天気です。そりゃそうですよね。梅雨ですから。それでも虫探しはやろうと思えばできるものです。ガイドのうでのっ見せ所。


まぁ、定番と言えばそうなのですが、雨宿りする虫を探します。まず出会ったのはジョウカイボンとマメコガネ。葉っぱの裏に隠れていますが、隠れる場所が良くなかったみたいで水滴だらけになっています。


ヒメシジミとクルマバッタモドキの幼虫。こちらも葉っぱの裏で雨宿り。チョウの方は、ほそーい葉っぱの裏で雨宿りしていましたが、意外と濡れていません。翅は鱗粉で覆われてるし、体もアップで見れば毛が密生しています。これらが撥水効果を生み出すのかもしれません。


ライター:佐々木

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    jnihu (金曜日, 19 7月 2019 14:17)

    yhh