シオヤトンボ

こちらの下向きに咲いている白いお花はエゴノキの花。雑木林を代表する樹木の一つでやまさぁーべの周辺にもたくさんあります。果実にはエゴサポニンという有毒成分が入っているのですが、ペットボトルなどにすりつぶした果実と水を入れて振るとよく泡立つのでガイドでは鉄板のネタになります。果実はヤマガラの大好物で、秋ごろになるとよく食べに来ています。

こちらはシオカラトンボのオス…のように見えますがよく似た別の種類でシオヤトンボといいます。春から初夏にかけてよく見られるシオカラトンボの仲間。シオカラトンボより二回りぐらい小さいですね。


ライター:村中