山のお花いろいろ

GWの山菜摘みプログラムの下見で山歩き。今年は寒くて山菜の出が遅いのですが、お花は色々見ることができました。

まだ色味の少ない山でひときわ目立つ白い大輪の花。タムシバの花です。別名ニオイコブシ。枝をこすると清涼感のある香りがします。そして新芽と一緒に赤い小さな花がかわいらしいのがハウチワカエデです。紅葉も美しいですが、控えめな花もこの時期の楽しみの一つです。


お次は足元の花たち。まずはスミレサイシン。スミレの仲間はとにかく種類が多く、原っぱ、水辺、林内…いろんな環境に咲いています。このスミレサイシンは林の中で咲く種類です。

そして、ピンク&薄緑色をしたお花がシュンラン。名前の通り、春に咲くランの仲間です。個人的には一番好きな花。毎年、見つけるとちょっとハッピーな気分になります♪


ライター:佐々木