芽吹き

今日も天気は雨が降ったり止んだりの微妙な感じ。でも気温は少し上がって雪にはなりませんでした。雪が解けた斜面に春の植物が出始めました。

まずはヤブカンゾウ。お花が咲くのは初夏なのでまだ先で、新芽の状態ですね。山菜としておいしく食べられますが、食べ過ぎるとお腹がゆるくなります。

春植物の定番。カタクリはつぼみが膨らんでいました。明日、気温が上がれば開花となりそうです。

こちらはばっちり咲いていました。ショウジョウバカマです。やまさぁーべ裏の沢沿いに少しまとまって咲いています。このショウジョウバカマにしろ、カタクリにしろ、もうすぐ先始めるスミレ類にしろ、春の花は赤~紫色をしたものが多いです。おそらく、雪が残っていたり、枯れ葉だらけの地面でも目立って虫に見つけてもらうためにでしょう。逆に真夏の薄暗い林内では白い花ばかりになります。

ライター:佐々木