冬眠明けのヒキガエル

タイトルの通りの話題ですが、野外で見つけたカエルの話ではなく、飼育していたカエルたちのこと。

昨年の秋から飼育していたカエルたち。真冬はこんな感じのケースで冬眠させていました。凍ってしまうと死んでしまいます。でも、中途半端に暖かいとエネルギーを使ってしまい、やはり死んでしまいます。飼育下でこの温度を保つのは結構難しいのですが、ヒキガエルたちは何とか冬を乗り切りました。

暖かい事務室にケースを移動して水をかけてやると、春を認識したヒキガエルたちがミズゴケの中からモソモソ出てきました。何匹写真に写っているか分かりますか??

動きはまだ鈍いですね。冬の間何にも食べてないのでかなりやせています。エサをやってみると食べてくれる子も♪少しずつコンディションを上げて、月末の触れ合いイベントに備えます。


ライター:佐々木

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ふきのとう (月曜日, 11 3月 2019 20:52)

    3びきですか?
    春を待つのは人間だけではなさそうですね

  • #2

    館長佐々木 (火曜日, 12 3月 2019 14:08)

    コメントありがとうございます(*^^*)
    答えは4匹です!
    車で走ると、道路でヤマアカガエルがピョンピョンしてました♪