ムササビの巣箱

やまさぁーべではムササビやモモンガの観察をする体験プログラムを提供していますが、今日はその巣箱を増設しました。

本来はフクロウ用に作った巣箱。巣箱内の高さは50cmほどもあるかなり大型のものです。ムササビのお好みに合うように出入り口を少し小さくします。そして、観察用に中に赤外線カメラを装着。


巣箱はスギの板で作っているのですが、これが重たい!!立ち木に脚立をかけてロープで必死にひっぱりあげます。設置している高さは箱の底で3m弱。大した高さではないのですが、かなりの力仕事。

無事に設置完了。カメラの具合も良好です。このスギの木はムササビがよく利用しているのか樹皮が剥がれている部分が目立ちます。巣箱も気にいってくれるといいのですが…

これでやまさぁーべ周辺に設置したムササビ巣箱は2つ目。もともと校舎ですみみついている穴を含めると3つ目のねぐらです。雪が融ける前にあと2か所は設置予定。ムササビは時々ねぐらを変えるので、観察の確立を上げるためにもう少し頑張ります!

ライター:佐々木