保養キャンプ2日目(真如育英会主催、シャローム運営)

明日は雪きらり」に「ひだ

真如育英会が主催しNPO法人シャロームが運営する福島の保養キャンプ2日目。今日は朝から雑木林トレッキング。気温が低く昆虫があまり出なかったので、植物中心でネイチャーウォーク。イタドリ、アケビ、ササを笛にして遊んだり、アカネズミやリスの食痕や、クマの痕跡などを観察。トウホクサンショウウオやタゴガエルなんかも見れました♪



お昼は自分たちでおにぎりを握って頂きます♪自分たちで作るおにぎりはおいしい~


昼食後は裏山へ!!山の土を採ってきて、土の中にどんな生き物がいるか、土壌生物調査をしました。取ってきた土をバットに入れ、少しずつ土を端に寄せていき、生き物を見つけます。ミミズやワラジムシのような大きい生き物から、じっくり見ないと点にしか見えないような小さな生き物までいろいろな土壌生物をシャーレに入れていきます。この作業はすごく地味なのですが、みなさん真剣に取り組んでいました。その後、ルーペや顕微鏡などを使い観察しました♪


ライター:村中