もうすっかりはるです

今日は快晴!!3月に入ると晴れの日が多くなるので気分が高まります。でももう少しパウダースノーを楽しみたかったような気も…。そんなことを考えながら、やまさぁーべ周辺を歩いていると、雪が解けた所でフキノトウがこんなにひらいていました♪

工藤直子さんの「ふきのとう」という詩を、国語の授業で朗読したことを思い出しました。当時8歳だった私は、ふきのとうが出始めると春だということは理解できたのですが、ふきのとうがなんなのかがわかっていませんでした(笑)


ナミテントウも出てきました♪成虫で越冬するタイプのテントウムシです。よく見ることができるテントウムシなのですが、実は体色や斑紋にバリエーションがあります。赤地に黒紋。黒地に赤紋。黄地に黒紋など様々。この子は、黒地に2つの赤紋。また違うタイプのナミテントウが出てきたらご紹介します♪

ライター:村中