ビニールハウス計画&野鳥のエサ台

ここの所、農作業系の話題ばかりになってしまいます。まだまだ冬はこれからだというのに、雪が降ってくると春になってからの話題で盛り上がってしまいます。その延長で今日の作業となりました。

やまさぁーべでは、田んぼもやっているし、畑もやっています。その最初の段階、苗作りで使えるのではないか、ということでビニールハウスをりたいという話に。さらに、スタッフの自宅に使っていないハウスがあるとのこと。組み立てるのは春ですが、雪に埋まってしまうと取り出せなくなる、ということで、今日取りに行ってきました。何とも行き当たりばったりですね(笑)

長ーい材料を軽トラを借りて積んできました。され、これでどんなことをしようか、アイデアが次々と浮かんできてニヤニヤしてしまいます。


さて、話題は変わって野鳥のエサ台の話。毎年冬になると、やまさぁーべでは野鳥のエサ台を設置しています。シジュウカラやヤマガラ、カケスなどが訪れます。今年は稲を種籾から育てたので、その時、塩水選という作業ではじかれた品質の悪い籾が余っていました。これをエサ台に置いてみることに。結局、これも農作業の延長線ですね(笑)野鳥がエサ台に慣れて頻繁に来るようになるまでには少し時間がかかります。


ライター:佐々木