秋の夜長を鳴き通す

色々事務仕事が多くてブログネタを探しに行くのが夜になってしまいました…。今日は鳴く虫の写真を撮ってきました。

よく似ている緑色の虫。キリギリスの仲間です。大きい葉っぱに乗っている方がエゾツユムシ、細長い葉っぱに乗っている方がハヤシノウマオイです。ツユムシはチッチッチ…と舌打ちのような声、ウマオイはスイーッチョン、スイーッチョンというリズムの声で鳴きます。ウマオイは童謡「虫のこえ」にも登場する昆虫です。


こちらはコオロギの仲間。頭の前面がちょっとつぶれた形をしている方がオカメコオロギ。頭が丸い形をしているのがエンマコオロギです。この写真のオカメコオロギはメスですが、オスだともっと顕著に顔がつぶれた感じがします。ノペーッと平たい顔をしているのが名前の由来なのでしょう。エンマコオロギの方は、白い線が入った顔が閻魔大王のつり上がったまゆ毛を連想させるようです。でも鳴き声はコロコロリ~っと優しい感じです。


最後はカンタンという小さな昆虫。白っぽいですがコオロギの仲間です。鳴く虫の女王とも呼ばれ、ルルルルル…と美しい声で鳴きます。実は秋に聞こえる鳴く虫の中でカンタンの声が最も周波数の低い音なのだそう。それが人間の耳には心地よく聞こえます。逆にキリギリスの仲間の声は音が高くて金属をこすったように聞こえるので不快に感じる人が多いようです。

ライター:佐々木