Channel Square こども祭

昨日のお話ですが、福島のChannel Squareこども祭のお手伝いに行ってきました。

福島インドアパークプロジェクトChannel Squareは、福島の子供達が安心して、思い切り遊べるように作られたインドアパーク。直訳すると“屋内公園”ですね。

3.11に合わせて、この施設の2周年イベント「こども祭」が、昨日、今日と開催されています。

実は、このChannel Square内に、昨年田んぼづくりをやってくれた「NPO法人ふくしま30年プロジェクト」の事務所があります。大江町で、子供達が植えて、収穫したもち米がお餅になって売られる、ということでお手伝いに行ってきたわけです。

こんな具合に、切り餅と、それを焼いたいそべ焼きが販売されました。切り餅の方は、玄米餅といって、精米していない玄米をそのまま餅にしたもの。プチプチの食感がGOODです。

なんだか、あの田んぼの、あのお米が、こういう形で販売されていることが、震えるぐらい嬉しいです。


お餅を焼く作業や、売り子は子供たちが「体験」として担当します。田植え、稲刈り、販売を通してやって、プチ農家さんというわけです。この売り上げは、今年の田んぼの活動の資金の一部に充てられる予定です。

イベント、及びいそべ餅の販売は今日で終了ですが、切り餅はふくしま30年プロジェクトの事務所で引き続き販売されます。近くにお越しの際は、足を運んでみてください。→Channel Squareの場所はコチラ


ちなみに、Channel Squareでは、スケートボードやボルダリング、スラッグラインなどの体験ができます。子供を応援する施設とあって、特に子供の利用料はかなりリーズナブルです。

活動を応援するアーティストも多いそうで、この日はオオカミの頭で演奏することで知られる、バンドMAN WITH A MISSIONのボーカル、トーキョー・タナカさんが応援に来ていました。スゴイ人気で近寄ることもできず、横顔と後ろ姿の写真しか撮れませんでした。


ライター:佐々木