鳥の移動

今日はやまさぁーべ周辺でみつけた鳥の話。

ここの所、春めいてきたな~と思っていたのになんじゃ、この雪は。

でも、名残雪というやつですね。見た目の割に積もることはありませんでした。

寒そうに松の木で丸まっていたのはカケス。一年中見られる常連さんです。鳥の顔って、正面から見るとなんだかコミカル。

そして、こちらはマガモという野鳥です。猟師さんには「青首」なんて呼ばれることもありますが、家禽アヒルの原種になったカモです。

やまさぁーべ前を流れる月布川にいました。普通、マガモは池や湖、流れが緩やかで幅の広い川なんかにいる鳥です。珍しくはないカモですが、月布川の中上流であるこの辺りで見る事はまれなことです。

 

マガモは海を渡って移動する渡り鳥で、そろそろシベリア方面に帰るころなので、もしかすると移動中だったのかもしれません。これも、季節の移り変わりを感じる出会いです。


ライター:佐々木