萌芽再生

昨日までのにぎやかさがウソのような静かなやまさぁーべ。月曜はいつもそんな感じです(^_^;)外は雪交じりの雨です。この天気が昨日でなくてよかった。

グラウンド脇の斜面の切り株からヒョロヒョロと枝が出ているのを発見。去年の今ぐらいに切り倒したヤマネコヤナギの切り株です。全然気づかなかったけど、夏の間にだいぶ再生していたようです。

樹木が切り株から再生することを萌芽(ほうがorぼうが)再生と呼びます。この細い枝が何年かかかって太い幹に成長すると、その頃には元の切り株は腐ってなくなり、株立ちした木になります。


しっかりと花芽も膨らんでいました。あと1カ月もすれば、堅い殻が割れて、中からウサギの尻尾のようなふわふわの花が出てきます。植物の生命力の強さを感じますね。

ライター:佐々木