エサ台設置

昨年も設置していた野鳥のエサ台。冬が近づいたので今年も設置することにしました。

今年の春に撤去してからそのままだったのでちょっと痛んでいるものも。まずは修理。

去年と同じようにグラウンドに設置した他、食堂の窓からも見えやすいように、今年は畑の脇にも設置しました。


エサはクズ米とヒマワリのタネ。去年はペットショップで鳥のエサを購入して置きましたが、今年は自分たちで育てた穀物を使えます♪


「なぜ、一年中エサ台を設置しないの?」よく聞かれる質問です。

暖かい季節は、昆虫などもたくさんいて野鳥は食べ物に不自由することがあまりありません。そんな時期に人工的にエサをあげてしまうと、彼らの本来の生態に悪影響を与えてしまうことが多いんです。

だから、エサ台は“冬だけ”というのが野鳥観察のマナーなんです。

 

野鳥がエサ台に慣れるのには少し時間がかかります。1ヶ月ぐらいかな?楽しみ♪