· 

ホタル

今日は朝からシトシト雨。田んぼの草取り作業をしました。やっと終わった…。結局2日かかりました。その夜の話。


そろそろかなぁ、と夜の田んぼへ。いました。ホタルです(*^^*)田んぼを始めたのは、このホタルのすみかを増やすためでもあります。昨年より数が多い気がしましたが…まぁ、さすがにこんなに早く効果が出たとは考えにくいですね。


ここにすんでいるのは、ゲンジボタルという種類。田んぼ本体ではなく、その水路に幼虫がくらしていることが多い種類です。田んぼが増えれば、水路も増える。そしたらホタルも増える…というのが青写真です。


とりあえず、除草剤はやっぱり使わなくてよかった。水路脇の緑色の草に何匹もホタルがとまっていました。草刈りは、ホタルの発生が落ち着くまで少し待ってみようかと思います。


ゲンジボタルは赤い色をした胸(正確には前胸背)の部分の模様に地域変異があります。この地域では、メスの黒い模様がほとんど消えている個体群のようです。また、他地域より体がかなり大きいように感じました。近く、捕獲してちゃんと測ってみようと思います。




近年、ホタルの放虫が大きな問題になっています。同じゲンジボタルでも、別の地域の個体を放虫してしまうと、せっかくの地域性が失われてしまうんですね。遺伝子汚染といいます。

同じことが、渓流釣りで放流される魚でも問題視されています。


動植物の安易な移動は避け、できるだけ、今残された自然を守り、再生していくことが必要です。